読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MARRIAGE

婚活サイト、婚活パーティー、結婚相談所の比較

一生独身でいそうな男女に共通する9つの特徴

スポンサードリンク

結婚しない男女が増えている現在、一生独身でいることも不思議ではない世の中になりました。ですが一生独身でいることは、やはり不安もあり将来のリスクも増えてきます。結婚したいと思って婚活をしても、良いパートナーが見つからず焦る男女が年々増えています。

婚活市場を見てみても、一生独身でいそうな男女には共通する特徴があります。自分で気づけない特徴も多く、なかなか彼氏・彼女ができない婚活者はこの特徴に当てはまっているのがほとんどです。

一刻も早く結婚をしたい場合、この一生独身でいそうな特徴に当てはまっていないか確認してみてください。自分で改善できることがほとんどで、改善すれば結婚へと近づくことが間違いありません。

一生独身でいそうな男女の共通点

一生独身でいそうな男女には共通する特徴がいくつかあります。細かい内容は男女で違いますが、大きく分けると以下の9つに当てはまることが多いです。自分に当てはまるのがないか確認して下さい。

  • 理想が高すぎる
  • 自分に自信がない
  • 自己中心的
  • 仕事が忙しすぎる
  • 趣味に没頭している
  • 周りの既婚者の愚痴を聞かされる
  • 経済力がない
  • 実家依存している
  • 結婚のための行動をしない

よく聞くこともありますが、自分には当てはまらないと思う人も多いでしょう。ですが細かく突き詰めていくと、意外と自分に当てはまることも多いです。一生独身にならないために、自分の欠点を改善する努力をして下さい。

理想が高すぎる

婚活市場などで成功しない人を見ると、理想が高すぎることがあります。理想が高すぎると異性から敬遠され、一生独身で過ごすことになりやすいです。妥協で相手を探すのも良くないですが、完璧な人などこの世にはいません。ある程度の妥協をすることも覚えて婚活をしてみて下さい。

特に経済的な面や容姿で理想が高い人は、もっと違う側面で人を見てみることをおすすめします。結婚は一生相手とともに過ごすので、お金や容姿では表せない大事なこともあります。

理想だけを高くして、仮に理想に近い人が見つかっても必ずその人にも欠点はあります。その時のショックでガッカリしないためにも、理想だけで婚活をすることは止めることをおすすめします。

自分に自信がない

一生独身でいそうな人を見ていると、自分に自身がない傾向も強いです。自分に自信がないため、異性へのアプローチができないのです。アプローチすれば成功しそうな人でも、自分に自信がないために婚活に失敗するケースも多いです。

これは性格の問題もあるので厄介ですが、まずは自分を卑下することを止めて婚活をしましょう。相手も同じ人間なので、そこまで上下関係などありません。むしろ対等な立場ということを認識しなければ、婚活に成功した後に辛い日々を送ることになります。

自分に自信をつけるには、失敗を恐れて行動しないことになります。失敗は誰にでもあることなので、恐れず行動する勇気を持って下さい。行動すればチャンスが広がり、結婚できる可能性が上がります。一生独身の辛さを考えれば、婚活で何度か失敗したとしても大したことではありません。行動を続ければ必ずチャンスはあるのですから。

自己中心的

自分中心で物事を考える自己中心的な人も、一生独身になる可能性が非常に高いです。仮に結婚できても、別れる可能性が非常に高いと言えるでしょう。これも性格の問題で簡単には直りません。

自己中心的な考え方をする人は、他人の事を考えない傾向にあります。常に自分のメリットとデメリットを考えています。もう少し他人のことを考えるようになれば、婚活でも成功しやすくなります。

結婚は一生一緒に過ごすので、相手を思いやる気持ちがなければ、どこかで相手を嫌いになってしまいます。自己中心的な考えは、一生独身でいる人に多いので気をつけて改善しましょう。

仕事が忙しすぎる

仕事が忙しすぎる人も一生独身でいるリスクが高くなります。仕事中心の生活をしていると、どうしても相手との時間がなくなってしまいます。そうなると別れる可能性もあるので注意しておきましょう。

仕事は生活のためにも重要なことですが、仕事だけで家庭を忘れるのでは本末転倒です。特に男性の場合、女性をほったらかしにして仕事に没頭する人も多いです。それだと女性は結婚した意味を感じないので、独身と変わらないと感じてしまいます。

趣味に没頭している

趣味はストレス発散に大事なことですが、没頭している人は一生独身でいる傾向が強くなります。趣味に満足をして家庭を作りたいという気持ちがないので、独身でもいいと思ってしまう人も多いようです。

結婚する気がない人も多いのがこのタイプですが、年を取るとふとした瞬間に寂しくなるようです。一生その趣味を続けるとしても、独身のままだと寂しさを感じることが必ずあります。将来について、もう少し真剣に考えてみると道は開けるでしょう。

周りの既婚者の愚痴を聞かされる

これは結婚に対する理想が幻滅へと変わる瞬間になります。一生独身でいる人の中には、友人を見ていると結婚がつまらないと思ってしまうという人がいます。これは夫・妻の愚痴を聞かされて精神的に結婚を拒否してしまうからです。

結婚をすると、いつかは必ずケンカやお互い理解できないことが起こります。愚痴を聞かされたからと言って、結婚を否定することは止めましょう。むしろ一生独身で居る将来を考えてみれば、どちらがリスクが高いかわかると思います。

経済力がない

お金が全てではありませんが、結婚すると経済力は重要になります。あまりにも経済力が低い人は、一生独身でいる可能性が高いです。その理由としては、この給料で一緒にやっていけるかという不安があるからです。

経済力の問題は簡単に解決はしませんが、今は男性の給料が低いことはよくあることになります。ですがそういった人たちでも、夫婦で共働きをするなどして上手く結婚生活をしています。給与が低くても楽しく結婚生活をしている家庭は多いので、そこまで心配することはありません。

実家依存している

いつまでも実家にいる人は、一生独身でいる可能性が非常に高いです。実家ぐらしは経済的にも精神的にも楽なので、結婚したいという気持ちが起きないのです。実際に実家ぐらしをしている人の多くは、結婚するためのアクションをしない人が多いです。

また実家ぐらしをしていると、親への依存が高く我儘な性格になっていることも多いです。先述した自己中心的な人の中には、実家依存している人も非常に多いです。なるべく早く一人暮らしをして、親からの依存を抜けるのも一生独身を回避する方法になります。

結婚のための行動をしない

30代〜40代に多いのですが、結婚のための行動をしない男女がたくさんいます。晩婚化もこの一つの現象で、結婚のための行動をしなければ当然一生独身でいることになります。この年代の人たちは、30代になって焦って婚活をするケースが多いです。

一生独身でいないためには、結婚のための行動をすることが大事になります。今は婚活も盛んで、婚活で結婚している人も実際にたくさんいます。婚活方法も色々あるので、自分にあった婚活をすることで、結婚相手候補を見つけることができます。