読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MARRIAGE

婚活サイト、婚活パーティー、結婚相談所の比較

婚活に疲れた人たちがやる気を取り戻した方法

スポンサードリンク

婚活を続けていくと、どこかで疲れたと感じる瞬間があります。なかなか良いパートナーが見つからず疲れることや、経済的に厳しくなり疲れると感じたり理由は様々です。

幸せな将来を考えて活動している婚活で疲れたと感じると、婚活のやる気がなくなってしまいます。婚活後すぐに良いパートナーが見つかるのは運なので、普通の人はある程度の期間婚活をしています。そのため疲れたと感じることを避けて通ることはできません。

婚活で結婚している人たちは、そういった疲れたという気持ちを乗り越えています。実際に婚活で疲れたが、それを乗り越えた人たちの行った方法を紹介します。婚活似つかれたと感じている人は参考にして下さい。

 婚活に疲れたと感じる瞬間

婚活に疲れる理由は人それぞれになります。どんな瞬間に婚活に疲れたと感じているのでしょうか。

ネット婚活で疲れたと感じた瞬間

婚活に疲れた理由は理想のお相手に出会う事ができなかったからです。ネット婚活の場合、写真とメールの文章だけでその人の人柄を判断しなくてはいけません。それはとても難しいことだと感じました。メールの文面というのは人によって感じ方が違うのです。私の場合はメールのテンションが軽い感じだったり、一方的に送られてくることでひいてしまう傾向がありました。そんなことが何回も続くことで、自分の理想の人とは出会う事ができないのではないかと思ったり自分に自信をなくしてしまい婚活疲れに陥ってしまいました。

出会いがなく疲れたと感じた

婚活に意欲満々だった頃は、結婚相談所、お見合いパーティー、婚活サイトなどあらゆる手段を試しました。しかし、行動する割には行動量に比例した出会いがなく、出会っても数回お会いして続かなかったりして良い結果が出ないことに悲観してしまい、いったん諦めました。

結婚できず疲れたと感じた

私は歳も30代後半になって、焦りもあって暫く婚活をしていました。婚活パーティーやいわゆる街コンにも積極的に参加していました。またSNSなどでも積極的に配信し、アプローチや交流をしていました。そしてそういった出会いの場で何人かの方とお会いし、自分がいいなあと思う方もいました。
そういった方といい雰囲気まで進むことができたのですが、どうしても最後まで、いわゆる婚姻までいくことができませんでした。それはお互いのフィーリングが合わなかったからです。こちらがいいと思っても相手がダメで、その逆もありました。それはやはり見た目と中身、両方を見過ぎてしまう自分の性格かと思います。ですので私はそのうちそんな人はいないんだと諦めるようになり、婚活自体から距離を置くようになりました。

経済的な不安で疲れたと感じた

また、婚活をするにはそれなりにお金も必要になってきます。でも、最初はそのうち婚活パーティーにいくつか参加していればそれなりの相手と出会えるという希望みたいなものを持っていました。ですが、現実はそんなに甘くなくていくら婚活パーティーに参加しても思ったように結婚できませんでした。貯金も徐々に少なくなり、それで途中から婚活に疲れたと感じてもう諦めるようになっていました。

理想の相手に出会うことができなかった

20代のときに、いろいろな婚活をおこなっておりました。お見合いパーティなどはもちろんでありますが、それ以外にも街コンやじぶんの最後の切り札として、結婚相談所などにも足を運んだことがありました。最近では相席居酒屋などにもじぶんは足を運んだことがありました。交際に発展をしそうなときなどもありました。ですが理想の女性にめぐり合うことができず、出会う事ができたとしても、相手にもされませんでした。それで今年はやる気がなくなってしまい、一切婚活はおこないませんでした

婚活のやる気を取り戻した方法

婚活に疲れたと感じるのは、なかなか結婚まで辿り着けない理由が多いようです。婚活で結婚している人でも、何度もチャレンジして良いパートナーを見つけています。では心が折れずに婚活のやる気を取り戻している人たちは、どんなきっかけがあったのでしょうか。

他人に褒めてもらった

婚活に疲れた時、地元の学生時代の友人に会いました。その時、彼女から自分の魅力について思ったことをいろいろと聞くことができたのです。女性の意見などをしっかりと聞くことができ、それで自信を取り戻すことができました。人の意見を聞くことで、自分が婚活に失敗している原因を知る良いきっかけになりました。

自分の状況を確認した

私が婚活のやる気を取り戻したのは、自分には時間が無いと感じたからです。35歳バツイチの私は普段の生活で異性と出会うことはありませんでした。将来子供もほしいと思っていたので、今頑張って活動しないと取り返しのつかないことになると感じる様になったのです。すると疲れている場合では無いと思うようになり、みるみるやる気を取り戻すことができました。

幸せな結婚話を聞いた

婚活に疲れた時、ある作家さんの講演会に出席して、結婚にまつわる素晴らしいお話を聞きました。そこで出会う女性たち励ましあったりするうちに、人生に手遅れという言葉はないはずだと気持ちを奮い立たせることができました。作家さんはごく普通の方で「私も絶対に結婚できる」と思いやすかったのも、良かったかもしれません。作家山の話では、幸せな結婚をするためには結婚そのものを結婚する前から学習することが大事であることを力説しておられ、幸せな結婚に対するイメージが膨らみました。この講演会に出席したことが、疲れた気持ちに新たな角度からカツを入れてもらえ、もう一度頑張ろうと思えるようになりました。

諦めず婚活を続けた

婚活に疲れましたが、諦めず婚活を続けたところ、まさに見た目と中身が自分の理想の人とたまたま出会うことができました。その人は既婚者でしたので勿論、発展することはありませんが、そういった人もいるんだと思うことができ、もう一度婚活を頑張ってみようと奮い立たせてくれました。何度も婚活に行って疲れましたが、行動しなければチャンスはありません。つらい時期もありましたが、諦めなければ良い出会いに巡り会えることもあるんですね。

友人の結婚でやる気が出た

私が婚活に対してやる気を取り戻すきっかけというのがありました。それは私と同じようにいくら婚活をしても結婚できなかった友人が婚活で結婚相手を見つけたのがきっかけで私も再び婚活に意欲が出てきました。やはり身近に婚活の成功者がいるというだけでもかなり気持ちは変わってきます。それまでは婚活はいくらがんばってもダメなものはダメだと諦めていたのですが、同じ境遇の友人が婚活を根気よく続けて結婚できた姿を見て私もまたやってみようと思うようになりました。

婚活に疲れたと感じても継続すること

婚活は初めて会う人と会話をしたり、一度に多くの異性と話をする場になります。そのため継続していると疲れたと感じるのは不思議な事ではありません。また最初はすぐに良いパートナーが見つかると思って行動するのですが、なかなか良いパートナーが見つからず焦りや不安でも疲れてしまいます。

こうした現象は誰もが感じることになります。ですがそこで婚活を中止しても前に進むことはできません。疲れたや辛いと感じるのは誰もが持っていることなので、自分だけと思わず婚活を継続していって下さい。

婚活は継続することで出会いのチャンスを広げることができます。婚活に疲れたと感じて一度止めた人でも、落ち着いて考えて婚活を再開して結婚した例も数多くありません。続けることは簡単なことではありませんが、続けることで手に入れられる未来もあるのです。